昨年ACL王者・全北現代、17年の出場権剥奪! スポーツ仲裁裁判所に提訴へ

2016年のアジア・チャンピオンズ・リーグ(ACL)で優勝した韓国プロサッカーKリーグの全北現代モータースが、2017年ACLの出場権を剥奪された。韓国プロサッカー連盟が18日、発表したのを受けて韓国メディアが一斉に報じている。

報道によると、アジア・サッカー連盟(AFC)の独立機関である出場管理機構が同日、全北現代の17年シーズンのACL出場について審議を行い、出場権剥奪を決定した。

全北現代は13年、クラブのスカウトが審判に裏金を渡した事実が昨年になって発覚し、Kリーグで勝ち点9の減点および制裁金1億ウォン(約970万円)の懲戒処分を受けた。同スカウトは裁判で懲役6月(執行猶予2年)を言い渡された。全北はこの事実を認めたが、スカウトの個人的な逸脱行為だったとして、チームとは無関係だと主張した。

Kリーグでは軽い懲戒で済んだが、AFCは、「勝敗を操作して摘発されたチームのACL出場を禁じる」というルールに従い、全北の出場を制限することを決めたという。

ただ全北は10日以内に異議申し立てを行うことができ、スポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴が可能。全北は「今後CASへの提訴の手続きを通じて最善を尽くす」と述べた。

人気記事ベスト20

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

新着ニュース

Twitter でフォロー

PAGE TOP