超新星、新ミニアルバム発売イベントを開催! 「素晴らしい曲をいただいたので、いい結果を出して気持ちにお応えしたい」

6人組ダンス&ボーカルグループ超新星のユナクとソンジェが25日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で、この日リリースしたミニアルバム「Yours forever」の発売記念イベントを開催した。

ユナクとソンジェは4階まで埋めた約2000人のファンの大歓声に迎えられてステージに登場し、トークコーナーからスタート。ユナクは大勢のファンで埋まった会場を見ながら、「ここで、超新星が9年前に初めて『キミだけをずっと』という曲を発表した時にこんな感じでした。メチャクチャ久しぶりにワクワクしています」とニッコリ。ソンジェも「すごいドキドキします。久しぶりなので…」と感慨深げで、ファンの顔をみながら「みんなカワイイですね」と言って、悲鳴を誘った。

MCから年末年始の過ごし方を聞かれると、ユナクは「去年『プリシラ』という舞台が終わって3日間だけ休みをもらったので、家族とご飯を食べたり、親戚がみんな来てくれて、久しぶりにいろいろ話したりして楽しかったです」。ソンジェは「映画の撮影が終わって、友だちと一緒にシンガポールに旅行で行きました。最近はゆっくり休めました」と明かし、2人ともリフレッシュの時間を持てたようだ。

新アルバムについてユナクは「ソンジェ君がすごい参加してくれました。まさか2人だけでアルバムを出すとは思わなかったので色々考えました。せっかくなので2人だけのものにしようっていうことで、100曲以上曲をもらって、そこからソンジェ君とボクが聴いて、これやろう、これやろうってことで作りました」とアルバム制作のエピソードを披露した。

同アルバムには6曲が収録されており、リード曲は歌手、清水翔太(27)が作詞・作曲、プロデュース、アレンジ、コーラスにも参加したバラード曲。ソンジェは「MILKY WAYのみなさんを考えながら歌いました」と微笑んだ。その清水について、ユナクは「個人的には『ホーム』と『桜』という曲と、曲名は分からないんですけど、カラオケに行くと必ず歌ってたんですよ」と言い、清水が加藤ミリヤとデュエットした「Love Forever」の出だしを口ずさんだ。初めてプロデュースや作詞・作曲を手掛けてもらえることを聞いた時を振り返り、「『マジで』って感じでした。ライブにも来てくださってビックリしました」と感激の面持ち。ソンジェは「うれしかった。”性格的”に有名じゃないですか」と話したが、これにはMCもユナクもファンも一瞬「?」となったが、すぐさまユナクが「世界的にね!」と指摘し、会場は爆笑の渦に。続けてソンジェは「世界的に有名なのでうれしかったし、ガイドを初めて聴いたときに、よかったです」とすっかり気に入った様子だ。

ここで清水からのメッセージ映像が流され、ユナクは映像の清水に向かってお辞儀。また、同曲が主題歌に起用された日本テレビ系ドラマ「増山超能力師事務所」に主演するココリコの田中直樹も映像で登場。田中は「ユナクさん、ドラマのプロデューサーさんからちょこっとお聞きしたんですけど、なんとこのドラマに出ていただけるという噂を小耳にはさみました。本当なんでしょうか」とサプライズなコメントが飛び出し、客席のファンも大興奮。映像終わりで、MCからドラマ出演について確認を求められると、ユナクは「こういう風にみなさんに話したっていうことはやるっていうことですね。ありがとうございます」と応じ、会場からは割れんばかりの拍手が沸き起こった。2月23日放送の第8話にスペシャルゲストとして登場する予定だ。

改めて清水の印象についてMCから聞かれると、ソンジェは「トップスターじゃないですか。だからちょっと冷たい感じも(笑い)あったんですが、オーラがすごくある人だと思いました」と率直に話し、「顔がすごくカワイイです」と付け加えた。ユナクが「最初緊張しちゃって、『大ファンですよ』って言って、『ありがとうございます』ってなったんですが、あまり話はしてないんですよ。でもちゃんと(ライブを)見に来てくれて、MILKYのみなさんと一緒に応援してくださったりしてすごく優しい方だなと思いました」と、微笑ましいエピソードを明かした。

一通りトークを終えたところで、MCから「『君じゃなきゃ』を歌っていただけるんですよね?」とフラれたユナクは「どうしますか?ソンジェ君」とバトンを渡したが、「君がリーダーじゃないですか」と切り返され、客席は大爆笑。すると、ユナクは「たくさん来てくれましたので、緊張しているんですけど歌いましょうか」と言って、大切な人へのストレートな告白ソングを2人でしっとりと歌い上げた。

最後にソンジェは「きょうは本当に4階までたくさんのみなさんが来てくれてありがとうございます。きょうもみなさんの力を感じられました。これからも僕たち超新星、頑張りますので、熱い応援よろしくお願いします」と熱く呼びかけた。ユナクは「今回のアルバムは、素晴らしい作曲家さん、作詞家さんが参加してくれて、すごくいい曲ばかりだと思います。今回は清水翔太さんとか、日本で大ブレークしている作家さんたちがいろいろ参加してくれてすごくありがたいですし、僕たち2人が頑張ってレコ―ディングしたので、みなさんからいい評価をもらいたいなと思っています。ぜひ聴いてください」としめくくった。

続いてフォトセッション&囲み取材にも応じた。清水からのサプライズメッセージへのお返しメッセージを求められると、ソンジェは「本当に素晴らしい曲、ものすごくかっこいい曲を提供していただき、心から本当にうれしく思っていますし、素晴らしい曲をいただいたので、いい結果を出して、その気持ちにお応えしたいと思います。機会があれば一緒にコラボレーションしてみたいと思います」。ユナクも「頑張って清水翔太さんが作ってくださった素晴らしい曲をみんなに聴いてもらうように頑張ります」と”恩返し”を誓った。

新アルバムの収録曲6曲のうち一番のお気に入りの曲を聞かれ、ソンジェは「君じゃなきゃ」と即答。「意味がありますし、非常に歌詞もメロディーも新鮮ですし、愛着もあるのですごく好きです」とその理由を説明した。ユナクも同曲を一番好きな曲に挙げ、「2番オシは『サヨナラの意味』っていう曲です。ピアノだけで、ソンジェ君と僕ユナクの声を乗せた歌なんですけど、昔からソンジェ君とこういう曲を歌いたいなと思っていたので、それが叶えられ、個人的にはいい曲ができあがったんじゃないかなと思ったので、みなさんに聴いてほしいなと思います」とアピールした。

同アルバムは、冬にピッタリの曲ばかりだが、「冬に必ずすることは?」との質問には、ソンジェが「冬といえばMILKY WAYのみなさんと共にするコンサートです。今年は冬にできなくて残念でしたが、今度は絶対に実現できればと思っています」とキッパリ。ユナクは「ソンジェ君もボクも冬が誕生日なんですよ。いつもメンバーと一緒に部屋でケーキを食べながらいろいろ話したっていう思い出があるので、来年は6人でそういうまた小さな楽しみっていうか、来年は(入隊中の4人が)また元気で戻って6人で活動したいなって思います」と6人で再び活動する日に思いをはせた。

ユナクは現在、BSスカパーのオリジナル連続ドラマ「バウンサー」(4月14日スタート)の撮影中で、「増山超能力師事務所」への出演も決定。ソンジェも主演映画「Guest House」の撮影を終えたばかり。今年は2人とも歌手のみならず俳優としても積極的に活動を繰り広げる予定だ。ユナクは「台本を読んで役柄に集中しようとする…その集中力が大切だなと思います」と演技に臨む際の心得を明かし、ソンジェは「素晴らしい先輩方たちにアドバイスをもらっております。まだ俳優としては新人なので、学ぶことが多いので頑張っています」と気を引き締め直した。

昨年4月から6月にかけてメンバーのゴニル、ソンモ、グァンス、ジヒョクが入隊し、兵役に就いているため2017年はユナクとソンジェの2人での活動が続くだけに、今後リリースされるアルバムやシングルは今作同様2人での作品となる。ソンジェは「今回のアルバムは、『動』と『静』で言えば『静』だと思うので、次回はファンと一緒に楽しめるようなアルバムを作れればなと思います」と意気込んだ。ユナクは「バラードなら本当にゲキ悲しいバラード、ダンス曲なら本当に最初から最後までハードなダンスを踊る、最強な、ハードな曲をソンジェ君とやってみたい」と目を輝かせた。チーム最年長だけに普段は年齢を引き合いに自虐ネタで笑わしているユナクだが、さらなる高みを目指す意欲は健在だ。

リーダーとしてチームを引っ張るユナクと、ユナクが入隊した際にはリーダーとして空白を埋めたソンジェ。そして4人が入隊している今は、”お兄ちゃんず”として2人で超新星の名前を守っている。もちろんお互いに認め合う仲でもある。「君じゃなきゃ」のタイトルにかけて、「ソンジェじゃなきゃ」「ユナクじゃなきゃ」という部分を教えてくださいとの質問にソンジェは「ユナクじゃなきゃ日本語がダメなんだ。絶対ダメなんだ」と言って爆笑を誘い、ユナクは「ソンジェがいなかったらダンス曲がダメなんだ」と応じ、揃って笑顔を見せた。

最後に主題歌に起用されたドラマのタイトルに関連して「超能力が使えるとしたら?」の質問には、ソンジェが「瞬間移動。次のプロモーション会場の広島に」。ユナクは「僕は過去に行ける超能力が持ちたいです」と話していた。

ユナクとソンジェは、26日に広島、27日に福岡、28日に大阪、そして29日に再び東京でCD発売記念イベントを開催、全国のMILKY WAYに自信の新譜を届けるとともに触れ合う予定だ。なお、「Yours forever」は24日付オリコン・アルバムデイリーランキングで初登場5位にランクインした。

人気記事ベスト20

2017年12月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

新着ニュース

Twitter でフォロー

PAGE TOP